スポーツ/運動/トレーニングサポート by志村龍紀

パーソナルトレーナーの志村です。 多くの人に効果的なトレーニング方法や食事、レッスン情報などの健康&スポーツや身体作りに関することを発信します。 これからスポーツ・運動を始める皆さんをサポートをしていきます。

#53 長過ぎるトレはNG。コルチゾールについて

 

筋トレや有酸素運動、スポーツなどの運動をすると脳から様々な効果をもたらすいくつかのホルモンが分泌されます。

 

 

幸福感が感じられたり筋肉をつけてくれたりとありがたい効果をもたらしてくれるホルモンもあれば、分泌し過ぎることでマイナス効果を引き起こすホルモンがあります。

 

f:id:tatsuki52510:20190702154509j:image

 

コルチゾールとは

副腎皮質から作られるホルモンのコルチゾールは、体内の脂質やたんぱく質をエネルギーに変えてくれる役割があります。また体内の免疫機能を緩和し炎症を抑える働きもあり、人体には必要不可欠なホルモンです。

 

 

しかし、長過ぎるトレーニンや睡眠不足、日々の仕事の過労などによってホルモンバランスが崩れてしまうとコルチゾールは過度に分泌されようとします。

 

 

過度に分泌されると筋分解を起こしエネルギーに変えられてしまい、さらに他の良い影響を与えてくれるホルモンの分泌まで抑え込まれてしまいます。

 

 

最適なトレーニング時間を探る

 

レーニングをすることで分泌されるホルモンの中にテストステロンというものがあります。

またいつか紹介しますが、筋肉を成長させ集中力が増し広域で人体に良い影響を与えてくれるホルモンです。

 

 

テストステロンは運動開始60〜75分が1番多く分泌されその後ガクッと減少していきます。

 

 

減少後にテストステロンに変わって分泌されるホルモンがコルチゾールになります。

 

 

なので2時間3時間とトレーニングや運動をしても得られる効果は多くなるわけではありません。(あくまでレジスタンストレーニングにおいてです。例えばアスリートや部活動のように、トレーニング+競技練習や技術練習ではこの限りではありません。)

 

 

2時間、3時間とトレーニングができてしまうのであれば負荷や回数など、強度や方法の見直しが必要でしょう。

 

 

個人個人の体力や鍛錬度でも多少違いますが、60〜90分を目安にトレーニングを終わらせられるのが効率的で、翌日もまた活発な活動が可能となります。

 

 

運動は本来、ストレス解消をしてくれるもの。長過ぎる運動で逆効果は避けなければなりません。短い時間で効果的なトレーニングを心がけていきましょう!

 

 

パーソナルトレーニングは下記からご相談ください。

 

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

訪問パーソナルトレーニング可能エリア拡大中🙆‍♂️

渋谷、中目黒、代官山、都立大学、恵比寿、用賀、駒澤大学、明大前、新宿、笹塚、初台、立川、などなど。ご相談下さい。

 


パーソナルトレーニング/各教室レッスン/お仕事依頼は下記のメールアドレス又はLINEへDMお願い致します。

トレーナー直通メール

body-partner.tatsuki@outlook.jp

 

 

 

↓ラインに直接ご連絡頂いてもOKです🙆‍♂️↓

 


友達追加後にメッセージ送信でお問い合わせ可能です📲

 


 

☆グループレッスンはこちら☆

 


ピラティス&ストレッチ」

毎週金曜日10:00~11:15開催

アルゴスポーツ宮前平

http://arugo-sports.net/sp/

神奈川県川崎市宮前区土橋7-25-29

TEL:044-855-5501

(お電話、メールにてピラティスクラス参加希望とお伝え下さい)

 

 

「土曜夜のエクササイズ」

毎月第2週目土曜日19:00~21:00開催

下高井戸運動場

東京都杉並区下高井戸3-26-1

TEL:03-5374-6191~2

 

 


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡