スポーツ/運動/トレーニングサポート トレーナー志村龍紀

試合に勝ちたい/プロになって活躍したい/いつまでも健康で趣味を楽しみたい/仕事で成功を得たい/など、人生における目標達成を実現するには心身ともに健康である必要があります。多くの人に効果的なトレーニング方法や食事、レッスン情報などのトレーニング、健康&スポーツや身体作りに関することを発信します。

#49 夏場に筋肉がつってしまう人は、食事で解決可能かも?

 

夏場はスポーツの現場はもちろん、日常生活でも足がつったり筋痙攣を起こしたり、首を寝違えたりなど筋肉に様々な問題が起こりやすい季節です。

 


「夏場」に限りませんが、筋肉がつりやすい人は今回挙げる点に気をつけることで予防できるかもしれません、参考にしてください。

 

 

f:id:tatsuki52510:20190624223529j:image

 

 


栄養(電解質)不足

 


筋肉の状態を良好に保ち円滑に筋活動をするために働いている電解質というものがあります。

 


人間の筋肉は電気信号で脳から筋肉へ指令をだし動きます。しかしこの電解質が足りないと脳と筋肉が上手くやり取りができず、筋肉がつったり痙攣を起こしたりします。

 


電解質とはナトリウム、カルシウム、マグネシウムカリウムなどがあります。
体内の水分(体液)にはこの電解質が含まれていますが、夏場にかく汗で電解質が失われていくことで筋肉がつりやすくなります。

 

 

f:id:tatsuki52510:20190624223449j:image

 

 


電解質を補給できる食材

 


電解質の各栄養素が効果的に補給できる食材を紹介します。(含有量が多い順でなく、食事に取り入れ易い点で個人的に選んでいます)

 


電解質プラスα日々の生活で摂って欲しい栄養素も含まれている食材なので、1日の食事に上手く取り入れていきましょう。

 


1.ナトリウム
ナトリウム=塩分は現代食では摂り過ぎの傾向にあるので、下記の栄養素を摂っても改善されない場合に、少しずつ足すようにしましょう。

 


2.カルシウム
・干しエビ(+ビタミンB12)
・小魚(+DHA.EPA)
・ごま(+不飽和脂肪酸)
・ヨーグルト(+ビタミンA)

 


3・マグネシウム
・そば(+ルチン)
・わかめ(+アルギン酸)
・アーモンド(+ビタミンE)
・しいたけ(+キノコキトサン)

 


4.カリウム
・バナナ(+果糖)
・お刺身(+オメガ3)
・納豆(+植物性たんぱく質)
・里芋(+食物繊維)

 


見てわかる通り、和食に使われる食材が多いのです。以前  で紹介したまごわやさしい食材を選ぶことで、夏場の筋肉の不具合を解決できるかもしれません。

 


しかし、いくらカラダに良いといっても食べ過ぎは逆効果ですので注意しましょう。

 

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ 部活動トレーニング指導/パーソナルトレーニング/各オンラインレッスンのご依頼・ご質問があれば下記連絡先、LINE@から友達登録後、メールでご連絡ください。

 

・トレーナー直通メール

body-partner.tatsuki@outlook.jp

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

志村 龍紀(@tatsuki_shimura)がシェアした投稿 -

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡


 

☆グループレッスンはこちら☆

 


ピラティス&ストレッチ」

毎週金曜日10:00~11:15開催

アルゴスポーツ宮前平

http://arugo-sports.net/sp/

神奈川県川崎市宮前区土橋7-25-29

TEL:044-855-5501

(お電話、メールにてピラティスクラス参加希望とお伝え下さい)

 

「土曜夜のエクササイズ」

毎月第2週目土曜日19:00~21:00開催

下高井戸運動場

東京都杉並区下高井戸3-26-1

TEL:03-5374-6191~2

 

 


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡